幸田町で貴金属:18金製フレームカメオブローチの買取は買取専門店わかばクラスポ蒲郡店

愛知のわかばグループ 全国のわかばグループお問い合わせはこちら

幸田町で貴金属:18金製フレームカメオブローチの買取は買取専門店わかばクラスポ蒲郡店

幸田町で貴金属:18金製フレームカメオブローチの買取は買取専門店わかばクラスポ蒲郡店

2021/06/01

幸田町のみなさんこんにちは!

蒲郡市にて金、プラチナ等をはじめとした貴金属やロレックス、オメガやルイヴィトン、エルメス、シャネル、グッチといったブランド品などを買取させて頂いております買取専門店の買取わかばクラスポ蒲郡店です。

 

本日はこちらのお品物を買取させていただきました。

『貴金属:K18  18金フレーム カメオブローチ』です。

買取依頼ありがとうございます。

アンティークとして人気なカメオは女性の横顔が宝石に彫られていたり、花が彫られていたりデザイン性に富んでいるジュエリーです。

紀元前から愛されてきた代表的なジュエリーであり、その歴史は古代メソポタミアまで遡ります。

 

カメオとは、絵柄が立体的に見える浮き彫りを宝石に施したもので鉱物の色や層のコントラストを活かし、モチーフの美しさをより際立たせています。

モチーフとして女性の横顔がよく使われます。
写真技術のなかった時代に宝石彫刻に肖像画を残すことは、権力の象徴でした。


それがいつしか女性の美と若さへのあこがれとなり、貴婦人達の間でさかんにカメオ彫刻の宝飾品が愛用されるようになり、現在に至っています。
横顔がモチーフとしてよく使われているのは、二層のコントラストを利用して彫るために横顔の輪郭が大変美しく表現されるためです。

また女性の横顔以外にもギリシャ、ローマ神話に題材を得たモチーフや動物、植物、風景画、名画、抽象画、肖像画、仏像などが彫られています。


約6000年前に誕生したのち、古代ローマ時代に発展し、現在も制作され続け、当時は装飾品としてだけでなく、お守りや印章としても身に着けられていました。

時代が移り変わるなかで、彫りを施される宝石やモチーフは変化してきましたが、カメオは大きくその形を変えたわけではありません。
古代ローマ時代には、すでに現在と変わらない形であったと伝えられています。

 

カメオのフレームはよく金が使用されていますが現在の相場は確実にご売却のチャンスです。

金をはじめ、貴金属の買取相場が高いうちに一度、ご自宅に眠っている金やプラチナのアクセサリーなどを査定&買取ご依頼してみませんか?

切れてしまったネックレス、石の外れてしまったリング、片方だけのピアスや金歯など、貴金属であれば何でもしっかり査定いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。