幸田町で貴金属:18金製色石付アクセサリーの買取は買取わかばクラスポ蒲郡店

愛知のわかばグループ 全国のわかばグループお問い合わせはこちら

幸田町で貴金属:18金製色石付アクセサリーの買取は買取わかばクラスポ蒲郡店

幸田町で貴金属:18金製色石付アクセサリーの買取は買取わかばクラスポ蒲郡店

2020/11/08

幸田町にお住いの皆様こんには、愛知県内7店舗で展開しております金・プラチナなどのアクセサリー類や、ルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品を中心に買取を行っております買取は買取わかばクラスポ蒲郡店です。

 

11月8日は『刃物の日』。お隣岐阜県関市などの組合が制定し、「いい(11)は(8)」の語呂合せと、ふいご祭が行われる日であることから『刃物の日』とされています。

 

さて、本日紹介させていただくお品物はこちらです。

『貴金属:18金製色石付リング』です。

レトロで可愛らしいデザインが映えるこちらのリングを買い取らせていただきました。ありがとうございます。

 

日本で最もアクセサリーなどの宝飾品を身に着けることが一般にも浸透した1980年代、その後のバブル期は、金よりもプラチナ製のアクセサリーが人気でした。当時プラチナの需要は非常に高く、採掘量の少なさと装飾品需要の増大から相場が上昇しましたとされています。

現代でも、一般的なクレジットカードなどのランク分けもがゴールドランクよりもプラチナランクのほうが格上に位置付けられていることから分かる通り、金よりも高価なものとして認知されています。

しかし2010年、アメリカの大手保険会社リーマンブラザーズの倒産を機に起きた『リーマンショック』の影響で、アメリカドル相場が急落。米ドルは相場の安定感から様々な投資や株取引のベースとして使用されていたため、市場は混乱を極めました。

その後、米ドル以外でも資産を確保しておきたいと考えた投資家が、金に目を付けました。

金は腐食せず、長期にわたって保有・流通させることが可能です。過去にも金本位制度があったように、資産としての価値が認められている貴金属と言えるのです。

 

金製アクセサリーは今がまさに売り時です。身に着けなくなってしまった当時のアクセサリー・ジュエリー類がございましたら、是非お気軽に買取わかば各店におもちこみください。壊れていても汚れていても買取可能です。

 

また、買取わかば各店ではジュエリーリフォームも承っております。リングに付いている色石を、ペンダントトップにしてネックレスに作り替えたり等、色々なものに対応可能です。詳細は当ホームページ上部バナー『修理サービス』からご覧いただけます。こちらもお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。