蒲郡市で貴金属:プラチナ製喜平アクセサリーの買取は買取わかばクラスポ蒲郡店

愛知のわかばグループ 全国のわかばグループお問い合わせはこちら

蒲郡市で貴金属:プラチナ製喜平アクセサリーの買取は買取わかばクラスポ蒲郡店

蒲郡市で貴金属:プラチナ製喜平アクセサリーの買取は買取わかばクラスポ蒲郡店

2020/10/30

蒲郡市にお住いの皆様こんには、愛知県内7店舗で展開しております金・プラチナなどのアクセサリー類や、ルイヴィトン・シャネル・エルメスなどのブランド品を中心に買取を行っております買取は買取わかばクラスポ蒲郡店です。

 

10月もいよいよ大詰めですね、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

本日はこちらを買取いたしました。

 

『貴金属:プラチナ製喜平ブレスレット』です。

 

見ただけで重量感が伝わってくるような迫力のあるこちらの喜平ブレスレットを買取いたしました、ありがとうございます。

喜平ネックレスとは、あずき型のチェーンを90度ひねり、さらに押しつぶしたデザインを指します。

喜平ネックレスは古くから日本に定着していたといわれていますが、特に1980代後半から90年代のバブル期に大流行しました。

バブル期は日本全国で景気が良く、金の製品を身につけることがステータスとなっていたのです。

男性を中心に、金の価値をアピールできる、太くて重たい喜平ネックレスが好まれる傾向がありました。

突然の出費が必要になった際に、身につけている喜平ネックレスをその場で質屋に預けることもよくありました。

 

もちろん女性も好んで着用していて、この頃に6面カット、8面カット、ダブルやトリプルの喜平など様々なデザインが生まれていきました。

しかし、バブルが崩壊して不景気に突入すると、金の重たいネックレスを着用するのは世相にそぐわないということで、大流行は収まっていきます。

崩壊当時は円高により喜平ネックレスの価値も下がってしまったため、売ることもせずに現在でも家にしまいこんであるケースもあります。

 

今回お持ち込み頂いたお客様もまさに上記のケースで、30年以上ご自宅に保管されていたそうです。

プラチナ喜平の場合ですと、当時の相場から若干の落差がありますので多少難儀ですが、金製の喜平でしたら買値を超える高価買取となる物も多数ございます。

身に着ける資産ともいわれる喜平アクセサリー。ご処分をお考えでしたら、お近くの買取わかばまでご連絡ください。

 

査定無料・予約不要で営業しております。お気軽にご来店くださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。